FC2ブログ

満足屋

遊戯王OCGのブログ。ブログの改装、投稿者の改名を予定中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

魔轟神 その参

おはこんばちは、asa,です。

今回は、魔轟神デッキの魔轟神以外のモンスターの前に
前回の書き忘れ。(デッキは前の記事より)

《魔轟神獣ルビィラーダ》

ステータスはレベル、種族以外《魔轟神クシャノ》と同じで、
お世辞にも高いとはいえない。
効果もそこまで使えるというものでなく、
《クレボンス》の存在もあいまってあまり評価されてないカードだけど、このカードには投入するだけの価値があると思う。
以下投入した理由。
・貴重なレベル4チューナー
・《奈落の落とし穴》にかからない
・当然《魔轟神グリムロ》の発動条件をクリアできる
まず1つ目。これは《黄泉ガエル》とシンクロしてレベル5のシンクロモンスターつくれるし、
シンクロに幅が出るから。
2つ目の理由。これは《スケープ・ゴート》等から《スターダスト・ドラゴン》をシンクロする際に妨害されにくいから。
3つ目。以上の理由からシンクロするので長くてもフィールドにとどまるのは1ターンだし、一応フィールドにとどめることができるため。
意外と使い勝手がよかったので2枚投入。
《魔轟神クルス》からの選択肢にレベル4チューナーがいるのは便利だと思う。


さてここから本題。

・《オネスト》

光、と聞けばとりあえず誰もが思い出すモンスターであろう。
現在はライトロードなんかでよく見る。こいつで枕を濡らした人も多いだろう。
今回は3ではなく2。
理由はフィールドに出すモンスターが《魔轟神ガルバス》《魔轟神獣ルビィラーダ》《魔轟神クシャノ》《魔轟神レイヴン》の7体と、そして対応するシンクロモンスターだけだからである。
まぁその気になれば《死者転生》《光の召集》で使いまわせるしね。
《魔轟神レイジオン》で引くと一番うまい気がします。


・《暗黒界の武神 ゴルド》

《魔轟神レイヴン》でレベル8を作りやすくするため。
《ダークエンド・ドラゴン》も出せるし。一応《光の召集》でも出てくる。
ただそれ以上にはなりえないので2。1でもいいかもわからん。


・《ボルト・ヘッジホッグ》

墓地にいるだけでアドになる良モンスター。
《魔轟神レイジオン》を出す際に。また、レベル調整時に、ハンド減らす際に《魔轟神レイヴン》で墓地に捨ててもディスアドになりにくい。
《おろかな埋葬》で直接デッキから呼んでくることもできる。
2か3で迷ったが、捨てるカードがないとき、2、3引くのは怖いし、3回使う前に決着がつきそうなので2。
今後3に増やすかも。


・《ダンディライオン》

基本的な使い方は《ボルト・ヘッジホッグ》と変わらない。ただこちらは使うタイミングが若干狭まる変わりに、シンクロに融通が利きやすい。


・《黄泉ガエル》

レベル調整要員。《魔轟神獣ルビィラーダ》でレベル5シンクロ、《ミスト・ウォーム》シンクロの際などに使用。
あと1レベル・・・・。ってことは結構あるからね。
いざとなれば、《暗黒界の武神 ゴルド》のアドバンス召喚のリリースにも。


・《クリッター》
・《冥府の使者ゴーズ》
説明不要、安定するし、悪魔族なのでいらなくなったら《魔轟神ヴァルキュルス》のコストにも。


・《ライトロード・ハンター ライコウ》

一応墓地肥やし要員。魔轟神が落ちれば《魔轟神クルス》が動きやすくなる。
《魔轟神クシャノ》《ボルト・ヘッジホッグ》が落ちればウマウマ。

・《カードガンナー》

同じく墓地肥やし要員。《ライトロード・ハンター ライコウ》より早いが、返しでダメージ必至のため、
《エンシェント・ホーリー・ワイバーン》とアンチシナジー。
まぁこのデッキに劇的に刺さる《コアキメイル・ドラゴ》と相打てるのは高評価。
《奈落の落とし穴》にも落ちないし、1ドローもついてくるしね。


もうひとつ
なぜ《メタモルポット》を採用しなかったか。
・相手もドローさせてしまう
・攻めの手は止めたくない
・そこまで伏せるカードがない
・相手ターンで《魔轟神クルス》はあまり捨てたくない
が理由。
まぁこの辺は個人の好みかと


次は魔法罠について。

スポンサーサイト
[ 2009/09/08 19:12 ] ファンデッキ談義 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最近の記事+コメント
月別アーカイブ
全記事から記事を探す
検索窓から記事を探す
タグリスト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。