満足屋

遊戯王OCGのブログ。ブログの改装、投稿者の改名を予定中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ドラゴン族考察2

続き。

魔法罠

・《禁じられた聖杯》
1、《ホルスの黒炎竜 LV8》を《氷結界の龍 ブリューナク》の魔の手から守る。
2、《光と闇の竜》の効果をリセットする。
3、自分のターンに《コアキメイル・ドラゴ》を無効にして展開。(《冥府の使者ゴーズ》《トラゴエディア》に注意)
4、《ライトロード・ハンター ライコウ》などのリバースもダメージステップでつぶせる。
5、ちょっとした迎撃に。
主に1、2、4の使い方をする。手札でだぶついても仕方ないので2枚。

・《封印の黄金櫃》
《未来融合?フューチャー・フュージョン》サーチ。次点で《大嵐》《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》。
遅くても泣かない。
とりあえず《未来融合?フューチャー・フュージョン》引くために2枚投入。

・《手札断殺》
自分も回るが相手も回る。基本1枚以上アド損するカード。
《ミンゲイドラゴン》《真紅眼の飛竜》を捨てて誤魔化したり、《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》で落としたドラゴン蘇生させれば《手札断殺》分のアドは取り戻せる・・・はず。
相手もまわしちゃうけどそこには目をつぶって3枚投入。

・《トラップ・スタン》
攻撃通せば優位に立ちやすいドラゴン族において除去を防げるのは大きいと思い投入。
3枚はさすがに多い。2枚で十分。

・《神の宣告》
ライフ半分を犠牲にたいていのことをとめられる。
厄介な《ギガンテック・ファイター》などの反撃の芽をつぶしたり、単純に除去から守ったり。
《光と闇の竜》とかち合わないのもなかなかよい。


こんなもんか。きりがいいので入れなかったカードは次に。

※当然エクストラデッキに《F・G・D》は必須です。お忘れなく。

asa.


スポンサーサイト
[ 2010/04/21 00:14 ] まじめ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最近の記事+コメント
月別アーカイブ
全記事から記事を探す
検索窓から記事を探す
タグリスト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。